越谷探訪

埼玉県越谷市内を気ままに歩いて綴る見聞録

「出羽地区」の記事一覧

丸の内稲荷神社|越谷市新川町一丁目

丸の内稲荷神社の歴史と庚申塔など境内の風景|越谷市新川町一丁目

越谷市新川町一丁目(旧・越巻村丸の内)の鎮守・丸の内稲荷神社。場所は、七左衛門通りと蒲生岩槻線(埼玉県道324号)が交わる新川橋を武蔵野線のガード下に向かった150メートル先。県民健康福祉村の南600メートル、出羽公園の […]
疣稲荷|越谷市宮本町二丁目

疣稲荷神社の歴史と石仏など境内の風景|越谷市宮本町

越谷市宮本町二丁目の宮子通りと四丁野通りが交差する北西の角にある稲荷神社。創建は不詳だが、江戸後期に編纂された『日光道中分間延絵図』(にっこうどうちゅうぶんけんのべえず)や『新編武蔵風土記稿』にその名がみえる。ご神木に触 […]
三社大神社|越谷市大間野町

三社大神社の歴史と石仏|越谷市大間野町

越谷市大間野町の鎮守・三社大神社(さんしゃだいじんじゃ)。場所は、草加バイパス(国道4号)大間野交差点から下り線側を南に40メートルほど歩いた歩道脇。明治4年まで大間野の鎮守だった久伊豆・稲荷・厳島の三社を合祀して三社大 […]
越谷市宮本町(旧・四町野村)の庚申塔

越谷市宮本町(旧・四町野村)の庚申塔

越谷市宮本町一帯は、かつては四町野村(しちょうのむら)と呼ばれていた。市の中央部に位置し、北部を元荒川が流れる。『新編武蔵風土記稿』四町野村の項に「江戸よりの行程六里余、東は越ヶ谷宿、南は谷中村、西は神明下村、北は元荒川 […]
中新田稲荷神社(越巻稲荷神社)|越谷市新川町

中新田稲荷神社(越巻稲荷神社)の歴史と石仏|越谷市新川町二丁目

越谷市新川町二丁目(旧・越巻村中新田)の鎮守・中新田稲荷神社(越巻稲荷神社とも呼ばれる)。場所は県民健康福祉村・万葉植物園の裏手(老人福祉センターけやき荘の西北)。創建は江戸時代の前期と伝えられ、地元では、妙観照(みょう […]