当ブログ『越谷探訪』( https://www.koshigayatanbo.com/ )管理人の須藤と申します。昭和31年(1956年)生まれ。埼玉県越谷市在住。昭和54年(1979年)に東京都調布市から越谷市に引っ越してきて、42年がたちました。越谷市郷土研究会会員・日本石仏協会会員。

ブログ「越谷探訪」管理人の須藤です。

経歴

50歳のときに、27年間務めていた会社を早期依願退職。現在は、フリーランスとして、ブログやホームページを運営するかたわら自営業の方々にホームページ作成・運営のお手伝いなどもさせていただいています。ブログ運営の仕方や記事の書き方などを少人数のグループに教えたり、不定期ではありますが、自治会の生涯学習サークルで、デジカメで撮った写真をもとに綴る日記ブログ講座の講師も務めています。
 
越谷市観光協会などが主催するまち歩きイベントに参加する中で、市内の石仏に興味をもつようになり、2017年(平成29年)に越谷市郷土研究会に入会。越谷市郷土研究会が主催する史跡巡りや巡検、勉強会などにも参加し、諸先輩方から越谷にまつわる歴史や史跡などを学んでいます。

拙稿が研究誌に掲載されました。

『日本の石仏』(2020年12月号)日本石仏協会

越谷市に現存する疱瘡神塔を調査してまとめた拙稿「埼玉県越谷市の『疱瘡神』文字塔」が、日本石仏協会の研究誌『日本の石仏』No.172(2020年12月号)に掲載されました(ISSN 0385-7824)

写真展に出展しました。

如意輪観音墓標の写真

2021年1月13日から17日までの五日間にわたって東京都千代田区の日本カメラ財団JCIIクラブ25フォトサロンで開かれた日本石仏協会主催2021写真展『石仏の魅力』にも作品を出展しました(上の写真)。出展した作品は川口市安行領家の興禅院で撮影した如意輪観音墓標(作品名:天空の光を浴びて)。石仏に当たる日差しとの明暗差を出したかったので白黒で撮りました。

当ブログ記事内容

当ブログ『越谷探訪』では、市内の寺社・石仏・史跡・お店などの地域情報を発信しています。記事については、私自身が実際に現地やお店におもむいて、また、越谷市郷土研究会などが主催する史跡巡りやまち歩きイベントに参加して取材したものを柱にまとめています。掲載している写真はすべて私自身で撮影したものです。
 
記事にするさいに参考にした書籍や資料がある場合は、記事本文中に引用元を明記したり、記事の末尾に文献リストとして一覧表示してあります。投稿した記事については、文章や表記に誤りがないよう内容を定期的に見直し、正確な情報提供に努めていますが、もし当ブログの記事で、間違った情報や誤字脱字などを見つけた場合は、お手数ですが、お問い合わせフォーム からご一報ください。
 

越谷探訪<管理人>須藤




2021年2月1日