アール・ブリュット展『生(き)の芸術』

絵画の展示

アール・ブリュット展『生(き)の芸術』主催のワタナベ・アートは、越谷市南越谷にある絵画教室で、小さな子どもから高齢者まで、障害のあるなしに関わらず、誰でも自由に心を表現する作品づくりを指導している。障害をもつ方の作品の展示や支援なども手がけている。
 
今回、展示されている 6点の作品も、どれも個性に満ちあふれている。

ぞう

作品「ぞう」(1)

作品名「ぞう」。水彩絵の具を使用。

作品「ぞう」(2)

こちらも同じ作者の作品「ぞう」

木琴

作品「木琴」

作品名「木琴」。ケント紙・マーカーを使用。

コラグラフ版画

コラグラフ版画

コラグラフ版画。素材は、ボール紙・葉っぱ・ひも・ビニール保護材・アルミホイル。コラグラフ版画とは、版を彫るのではなく、版にさまざまな素材を貼り付けたり、塗ったりして作る版画のこと。

城北公園

作品「城北公園」

作品名「城北公園」。クレパスを使用。

花を見て

作品「花を見て」

作品名「花を見て」。水彩絵の具を使用。

コミュニティ cafe そらはな

コミュニティ cafe そらはな

最後に、今回、越谷技博「手回しオルゴールの世界」の会場となった「コミュニティ cafe そらはな」について、少々触れておく。
 
代表の長野さんは、越谷市のイベントを通じて、オルガニート(R)演奏家の武田知絵美さんと知り合い、意気投合。武田さんを応援するようになったとか。また武田さんも「そらはな」が主催するイベントやワークショップにも顔を出しているそうだ。

営業日時と営業内容

店内

「そらはな」の営業は原則・水金土。時間は午前11時から午後6時。カフェメニューのほか日替わりランチ(要予約)も提供している。

そらはな移転のお知らせ

そらはなは道路拡張のために移転しました。2022年9月9日(金)から新店舗で営業再開。詳細は そらはなの Facebook で確認してください。

コーヒーと日替わりお菓子

コーヒーと日替わりお菓子

コーヒーは長野さんが一杯一杯心をこめてサイフォンで淹れてくれる。また自家製の日替わりお菓子も人気の一品だ。

アローカナの卵と蜂蜜

はちみつとアローカナの卵

そのほか、はちみつや名古屋コーチン、烏骨鶏(うこっけい)、アローカナの卵も販売している。アローカナは南米のチリ産のニワトリで、なんと青い卵を産む。南米では「幸せを呼ぶ青い卵」と呼ばれているそうだ。
 
幸せにあやかろうと、ボクもアローカナの卵を購入。おいしそうだったので、みかんと山桜の蜂蜜も買った。どんな味がするのか、楽しみだ。
 
そらはなさんには改めて後日ランチタイムにおじゃまする予定。
 
10日後、そらはなさんにおじゃました。

後記

オルガニート演奏家・武田知絵美さん

武田知絵美さんとは2017年に越谷のイベント「春の宿場まつり甲冑めぐり」を通じて知り合った。以来、越谷市民文化祭など、武田さんが演奏する場には、ちょこちょこおじゃまするようになった。武田さんは、2020年11月、日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』で紹介されたほか、Web雑誌「彩ニュース」にも掲載されるなど、地道な活動が評価されている。武田さんを応援するひとりとしてうれしいかぎりである。

武田さんは2021年の越谷市民文化祭にも出演

越谷市民文化祭に出演したオルガニート演奏家・武田知絵美さん

なお武田知絵美さんは、2021年の第52回越谷市民文化祭にも出演した。その様子は本ブログ(越谷探訪)の別記事で紹介している。記事の中では武田さんの演奏を撮影した YouTube 動画も組み込んであるので、ぜひご覧ください。