越谷市東柳田町の朝日屋はそば屋なんだけど中華麺メニューも充実している。しかもうまい。ラーメンを手始めに、朝日屋の中華麺メニュー全7品を食べ尽くす。

朝日屋の中華麺メニュー

中華麺メニュー|朝日屋

朝日屋はそば屋なのに、中華麺メニューの食レポなんて邪道なんじゃない? という声も聞こえてきそうだが、そういう声は無視して、話を進めていく。

朝日屋の中華麺メニューは全7種類
  1. ラーメン
  2. みそラーメン
  3. タンメン
  4. もやしそば
  5. ちゃんぽん
  6. 五目ラーメン
  7. チャーシューメン

それでは、ラーメンからいただきますか。

ラーメン

ラーメンとカレーライス|朝日屋

朝日屋にはカレーとラーメンのセットメニューもあるが、セットメニューだとラーメンがミニサイズになるので、それぞれ単品で注文した。
 
ボクら昭和30年代生まれは「大きいことはいいことだ!」という時代に育ったので、小さいものやミニはどうもなんだか性に合わない。ただしミニスカートは別(笑)

懐かしのしょうゆ味

朝日屋のラーメン

さて、朝日屋は、ずーっと昔からラーメンやってます、というだけあって、懐かしいしょう油味のラーメンだ。具は、チャーシュー・メンマ・海苔・ギザギザの飾り卵・小松菜。それに刻みネギがパラパラッと。
 
60年前(昭和38年)、小学一年生のとき、生まれ故郷・調布市の競輪場(京王閣)ちかくの中華そば屋で、父といっしょにはじめて食べたラーメンの味によく似ている。当時は「中華そば」と呼ばれ、一杯40円だった。じつにうまかった。
 
朝日屋のラーメン、なかなかやるじゃないか。
 
次は何をいただこうかな。

みそラーメン

朝日屋のみそラーメン

続いては、みそラーメンをいただいた。
 
スープの味噌はあっさり味。近ごろのみそラーメンは「濃厚」がもてはやされているが、ボクはやっぱり朝日屋のような「あっさり味」のみそラーメンのほうが口に合う。
 
具は、たっぷりのもやしに、千切りされたニンジンとキャベツ、そしてニラが少々。肉は豚バラ肉だ。みそラーメンといえば豚ひき肉が定番だが、豚肉好きのボクとしては、豚バラ肉のほうがうれしい。
 
朝日屋のみそラーメンは、ご飯をいっしょに頼んで、みそラーメンライスにして食べてもうまいかもしれない。今度ためしてみよう。

五目ラーメン

朝日屋の五目ラーメン

三品目は、五目ラーメンを大盛りでいただいた。
 
具材は、◇チャーシュー◇伊達巻き◇カマボコ◇シイタケ◇キクラゲ◇メンマ◇ナルト◇菜っ葉◇ニンジン◇豚バラ肉◇キャベツ……。ナント11種類。五目ラーメンならぬ具だくさんの十一目ラーメンだ。
 
スープはあっさりしたやさしい塩味。旨みもあってうまい。
 
朝日屋の五目ラーメン、食べ終わって、ほっこりした気持ちになった。

チャーシューメン

朝日屋のチャーシューメン

四品目はチャーシューメンを大盛りで。
 
具材は、チャーシュー4枚・伊達巻き・シイタケ・シナチク・ナルト・小松菜・ギザギザの飾り卵、それに刻みネギがパラパラッと載っている。
 
チャーシューメンの具材に伊達巻きとシイタケが使われているところが、日本そば屋らしくていい。チャーシューは、やわらかすぎず、かたすぎす、肉の旨みがしっかり味わえる。
 
スープは昭和世代のボクには懐かしいしょうゆ味で、飲むと、ほっとする。朝日屋のチャーシューメンをいただきながら、しばし郷愁にかられた。

残る麺類メニューはあと4品

朝日屋の中華麺メニュー7品中、3品制覇。食べ尽くすまでにあと4品。乞うご期待。