演奏会|後半

三曲目|月下の陣

琵琶の演奏

三曲目は、古典で「月下の陣」(げっかのじん)

琵琶演奏家・麻白禮良さん

戦に向かう武士が故郷に思いをはせた気持ちを歌ったものです。


そぞろに思うふるさとの
雲井はるかに かかる月
 
(ベンベン)
 
あすはまた
駒の手綱を かいくぐり
 
(ベン)
 
はなばなしくぞ 戦わん
 
(ベン、ベベン)



もの悲しい空気が流れて終了。

四曲目|岩戸開けたり

四曲目は本日最後の曲。禮良(れいら)さんオリジナル曲「岩戸あけたり」。予言の書に書かれていた七五調の一節からインスピレーションを得て、はじめて作った曲だそうです。
 
岩戸開けたり
野も山も
草のかき葉も
言(こと)止(や)めて
大御光(おおみひかり)に
より集(つど)う
楽しき御代(みよ)ぞに
あけにけり
 
と、このあたりまでは、琵琶の演奏をちゃんと聴いていたんだけど、どうもなんだか、禮良さんがアマテラスオオミカミのように見えてきて、神々しい姿にポーッとしてたら、いつのまにか演奏が終わってた。

アンコール曲|大きな古時計

はにかむ禮良さん

予定されていた四曲が終わったところで、会場から「アンコール」の声が。

琵琶演奏家・麻白禮良さん

ありがとうございます。ふだんはやらないんですが、今日は、ひとつやりましょうか。


と、あらためて椅子に座り直した禮良(れいら)さんが、弾き始めたのは「大きな古時計」。琵琶で奏でる「大きな古時計」もいいもんですねぇ。美しい音色にうっとり。
 
演奏を終えた禮良さんに、会場からは大きな拍手。

きょうはありがとうございました。

ありがとうございました。

「きょうはありがとうございました」と、あいさつをする禮良(れいら)さんを見て、ボクの横に座っていたオネエサマが、「いい女ねぇ……」と、しみじみ言った。
 
まさに言い得て妙。
 
禮良さんは女性からみても「いい女」なのだ。

記念撮影

集合写真

最後に、禮良(れいら)さんを囲んで集合写真を撮りました。みなさんいいお顔をしてますね。今日は禮良ワールドに誘われ、みなさん、至福の時間を過ごせたようです。この写真も記念になりますね、って、ボクだけ写ってないじゃないか~!

麻白禮良さん公式サイト

麻白禮良さん

麻白禮良(ましろれいら)さんのことをあれこれ知りたい、というあなたのために、禮良さんのホームページを紹介します。さらにもっと禮良さんとお近づきになりたいかたは、禮良さんの公式サイトから LINE 公式アカウント登録もできます。

後記

Mashiro Reira

いやぁ、はじめて間近で琵琶を聴いたけど、よかったなぁ……。ぜひまた禮良(れいら)さんの演奏を聴いてみたい。
 
またまたぁ、琵琶の演奏じゃなくて、禮良さんに会いたいだけでしょ、須藤さん、と、ボクのうしろの席に座ったプリティさんがツッコんできたけど、無視。

ところでプリティさんて何者?

麻白禮良さんとプリティワンダフルさとしさん

今回の記事に、たびたび登場した(割り込んできた)プリティさんて、いったい何者? と思っているかたも多いのでは。
 
プリティさん(プリティワンダフルさとしさん)は、こしがやエフエムのパーソナリティーやツアーコンダクターなんかもやってるんですけど、詳しく知りたいかたは、以下の記事を読んでみてください。

そらはな情報

コミュニティcafe そらはな

最後に、今回、禮良(れいら)さんの演奏会の会場となった、コミュニティcafe そらはな については、近々おじゃまする予定なので、そらはらについてのあれこれは、別の記事で紹介させていただきますので、しばらくお待ちください。